バスルームと独立して作られた独立洗面台。今賃貸物件を探す人が独立洗面台付きの部屋を希望する場合が増えています。

生活向上!賃貸物件選びはココにこだわる
生活向上!賃貸物件選びはココにこだわる
生活向上!賃貸物件選びはココにこだわる

賃貸物件で希望が増加中という独立洗面台について

実は最初に「はて、独立洗面台とは?」と、思ってしまったのですが、実際の物件画像を見て「ああ」と思いました。要するに洗面台がバスルームの中ではなく、部屋の一角に独立して作ってあるということです。私自身賃貸アパート暮らしをしていた頃を思い起こすと、トイレとお風呂は別々だったものの、そういえば洗面台はお風呂の中にありました。当時はお風呂付きの部屋に住めるということだけですごく嬉しいと思っていたくらいでしたので、洗面台が何処にあろうがまったく気にしていなかったんでしょうね。しかし今ではお風呂のない部屋に住むことが最初から条件に入ってない人が多くなっていると思います。また特に女性の場合、コスメ関連のものを置いておく決まった場所が欲しいものです。そして出来れば洗面台の前でお風呂上がりにドライヤーを使って髪を乾かしたい。そう思う人が多いのではないでしょうか。そういうニーズの高まりが今独立洗面台がある物件を求める声の増加につながっているように思います。

自分がお風呂の中に洗面台がある部屋に住んでいた時はうっかりしていましたけれども、確かにそういう場所にある洗面台にはコンセントはつけられませんね。水がかかる場所ですから。あの頃を思い起こすと、髪を乾かすのは部屋の中に鏡を置いて行っていました。髪のスタイリングや化粧も同じような状況でした。そのたびにモノが部屋のテーブルの上にごちゃごちゃとしてしまうのは嫌だったけど、でも仕方ないし・・・と思ったこともありましたね。そういう不便や不満を独立洗面台は解決します。こうした要望は時代背景により変化するようですが、こうして見て行くと独立洗面台のある物件は、女性にとっていつもすっきり部屋が片付いた生活の強い味方になりそうですね。

お勧め情報

Copyright (C)2018生活向上!賃貸物件選びはココにこだわる.All rights reserved.